美濃吉で働くということ

  • ホテル京阪京都店 副調理長 今井剛
  • 京都新阪急ホテル店 マネージャー 小林友美
「スピード昇格と、任せられる仕事の大きさが魅力です」
「美濃吉」に入社を決めた理由は? 単純に“京都が好き”だったんです。京都という伝統ある街が好きでしたし、文化にも興味がありました。それに“食べることが大好き”だったので、フードビジネスに興味がありました。中でも、世界的な和食ブームですから、和食関係の会社がいいなと。就職活動はあまり貪欲にいろんな会社にトライする方ではなく、ピンポイントで“この会社はいい!”という会社を狙って受けていたのですが、やっぱり京都と食べることという二つのポイントで重なって、しかも、京都の老舗で優良企業ということで、美濃吉が第一志望となりました。また、飲食店でのアルバイト経験もあったので、フードビジネスは自分でも慣れているなという自信もありました。
今はどんな仕事を任されていますか? そごう大宮店の店長を務めています。店長の仕事はお店のトータルな管理運営を取り仕切る仕事です。接客はもちろん、厨房にも顔を出して食材や献立のチェックもします。それに季節ごとの販売促進企画・イベントの立案と実行。まだまだありますよ。スタッフの現地採用や出勤ローテーションの管理、経費などの経理面の管理など、お店の全てを取り仕切ります。“一国一城の主”といったところです。本社からの指示はありますが、美濃吉では店舗ごとの裁量に任せる方針なので、店長自らの考えや意思が尊重されます。ですので、独立心のある方はやりがいを感じると思います。
心がけていることは何ですか? 仕事のスピードに気をつけています。効率良く素早く業務をこなすことです。そして、期限のある業務は、必ず期限を守ること。業務報告書や経理面での事務業務など期限のある仕事が遅くなると、迷惑がかかりますから。接客面では、テーブル全体を見わたすようにしています。お客さまの表情やテーブルに乗っている料理の皿やお飲み物など。視野が狭くなると気付かないことでも視野を広くアンテナを張って、お客さまが何を望んでおられるかを素早く察知するようにしています。
「美濃吉」で働くやりがいは? “任せてもらえる”ということと“昇格・ポストへの抜擢が速い”ということです。お店のメニューやイベント事など、自分のお店を自分でプロデュースできるやりがいがあります。季節ごとに特別な食材を使っての献立を考えて賞味会を開いたり、舞妓さんを呼んでイベントを行ったり…。自由にさせてもらえる、任せてもらえるやりがいがあります。そして、昇格の早さには驚きました。入社して導入研修を終え、お店に赴任する時にはマネージャーという肩書がついていました。入社2年目の10月には、店長に昇格しましたから、実質は入社後の約1年半で店長に抜擢されたことになります。早い昇格を目指している方にも、魅力的な会社だと思います。
これから「美濃吉」で働こうと考えている人へのメッセージ! 美濃吉は、早く大きく成長できる会社です。責任ある仕事を早くに任せてもらえるので、スキルを早く伸ばしていけるのです。そして、成果・実績をしっかり評価してもらえるので、モチベーションを常に高く持って仕事に情熱を傾けられます。そういう会社は、実際は少ないものですよ。
  • 副調理長 ホテル京阪京都店 今井剛
  • 京都新阪急ホテル店 マネージャー 小林友美
ページトップへ
先輩社員の声
店長 森田 将高
副料理長 今井 剛
マネージャー 小林 友美
COPYRIGHT(C) 2013 MINOKICHI  ALL RIGHTS RESEARVED.